Nos vins

vins07-france.png

Cliquez sur les bouteilles pour en savoir plus

 

triple médaille d'or

logo.png
concours-terre-de-vins-un-vrai-interet-p
Medaille d'or chateau 2018.jpg
ETUDE de Chopin - Coline-Marie Orliac
00:00 / 00:00
Fiche1780RH_2015.jpg

Cliquez pour voir les autres vins

Royal Héritage

le Vin du Roy

Commentaire de dégustation
Une robe profonde Couleur Rubis, ourlée de beaux Reflets rouge.
Un nez très expressif d'une large palette aromatique, pates de fruits noirs, myrtille et mûre. Viennent ensuite les épices vanille cannelle et une fine nuance de violette.
En bouche, un fruité épanoui et génereux soutenu par des tanins gourmands.

キャサリンとイザベルは、伝統と革新を組み合わせて家族経営のエステートを運営しています。金細工やオートクチュールの作品のように、
メルロは、ポムロールの粘土と同じ層状の深い粘土に植えられています。

Tannat と Abouriou のように、貧弱でより石灰質の土壌のカベルネは、非常に貧弱で非常に石灰質の土壌にあり、成熟を得るために丘の頂上で非常に露出しています。

技術データ

  • ロイヤル ヘリテージは 3 ヘクタールのブドウ畑で生産されています。

  • ブドウの平均樹齢は40年

  • 密度は5000本/ヘクタール

  • 平均出力は 45H/H

  • これらの区画は完全に馬または機械で除草剤を使用せずに行われます

  • 収穫は手作業で、

  • 発酵はセメントタンクで行い、

  • 発酵温度は28度にコントロール

  • 投票期間は約15日間

  • 600リットルの樽でマロラクティック発酵

  • 新樽で12ヶ月熟成

     

  • テイスティングの特徴

    • 2 時間の酸化後、18° の温度でテイスティング。

Le Prince Blanc 2019

de Royal Héritage

この辛口白ワインは、わずかに石灰質と砂利質の土壌で生産されます。このテロワールは、ブドウ品種の花の香りを保ちながら、ワインにミネラル感を与えます。これらは 3 ヘクタールで、その半分は北西向きに植えられています。

 

技術データ

  • ブドウ品種:シャルドネ30%、グロ・マンサン30%、プティ・クルブ25%、ソーヴィニヨン15%。

  • 収量は1ヘクタールあたり40~50hl程度です。

  • 収穫は手作業。

  • 発酵は小さなタンクで低温で行われます

    20hl セメント。

  • 醗酵終了後、ワインは樽の中で1ヶ月澱と共に寝かせます。

    ステーション。

    テイスティングの特徴

  • 色: クリアで繊細でエレガントなノーズ

  • 口当たり: 繊細なフローラル アロマ、構造化されたファットなボディ。

    酸度。口の中での持続性が長い。

  • 食前酒として10度で、脂ののった魚、シャルキュトリと一緒に楽しむ

    またはハードチーズ。

Cliquez pour voir les autres vins

 

Cliquez pour voir les autres vins

Château Labastide Orliac

テイスティングコメント
  すでにわずかに銅色の濃い色は、すぐに飲めるワインであることを示しています 
  果実と秋の下草の香り
口に含むと魅力的で、ワインの果実味とほとんど感じられないほどの軽い木の風味との完璧なバランス。

技術データ

  • シャトー・ラバスティード・オルリアックのブドウ品種: メルロー 40% カベルネ・フラン 40% タナ 20%

  • 密度は 5000 フィート /H

  • 平均出力は55H/H

  • 区画は除草剤なしで機械的に処理されます

  • 収穫は手作業

  • 発酵はセメントタンクで行われます

  • 発酵温度は28度にコントロール

  • 約15日間のバッティング期間

  • タンク内マロアクティック発酵

  • 2年後に瓶詰め。

    テイスティングの特徴

    • 深紅色の試飲
    • 赤と黒の果実、スグリ、カシス、プルーンの香り
    • しなやかで控えめなタンニン
    • 白身または赤身の肉の酸化後、18°でお召し上がりください。

 

Cliquez pour voir les autres vins

Château Labastide Orliac

テイスティングコメント
 シャトー・ラバスティード・オルリアックは、そのテロワールと気候のおかげで、絹のようなタンニンを持つリッチなワインです。その構造は素晴らしい熟成の可能性を与え、口の中で素晴らしいしなやかさを保ちながら、約20年続きます. 

テイスティング 深紅色
赤と黒の果実のノーズ カシス ブラックカラント プルーン
ソフトで控えめなタンニン
白身または赤身の肉を酸化させた後、18℃で味わう

技術データ

  • シャトー・ラバスティード・オルリアックのブドウ品種:
    50% カベルネ フラン、25% メルロー、15% タナ、10% アブリウ

  • 密度は 1 ヘクタールあたり 5000 本のブドウの木です。

  • 平均収量は1ヘクタールあたり50H

  • 区画は除草剤なしで機械的に処理されます

  • 収穫は手作業

  • 発酵はセメントタンクで行われます

  • 28℃にコントロールされた発酵温度

  • 約15日間のバッティング期間

  • タンク内マロラクティック発酵

  • 2年樽で1年、

    その後、瓶詰めされる前に1年間バットで寝かせます。

 

アキテーヌの 2 人の姉妹

このワインは、北向きの丘の中腹に植えられた若いブドウの木から作られています。これは、日光をより適切に制御し、醸造中にアルコール度数が高くなりすぎないようにするためです。
技術データ
• ブドウ品種: 50% メルロー • 35% カベルネ フラン • 15% タナ • 植栽密度: 4000 本 / ヘクタール
• 収量: 1 ヘクタールあたり 55 ヘクトリットル
•ブドウの木は除草剤なしで機械的に働きました
• 機械収穫
• セメントタンクでの発酵
• 2014年10月に瓶詰め
 
テイスティングの特徴
•美しい赤紫色
• ノーズでは、わずかにスパイシーな赤い果実の驚くべきブーケ
• 驚くほど強烈な果実味の爆発。
• このワインは非常にバランスが良く、まろやかでしなやかです。南西部の典型的なタンニンに固有の品質が特徴で、印象的すぎることなく十分に存在します。
• 必要な通気を行った後、18°C でテイスティングします。
• 白身または赤身の肉、南西部の料理、またはより適切にはスパイシーな料理に。漆塗りの鴨肉やリブステーキに砂糖漬けのタマネギを添えて食べるのが理想的です。
 

Goutez aux vins

de la Bastide-Orliac

labellisés en haute valeur environnementale 

2 vins pleins de fraicheur et de fruit

Le nouveau chai de Labastide
a permis au domaine d'élargir sa gamme par des vins plaisirs à boire frais
et cultivés sur des sols dont nous respectons la vie.

Nos boissons historiques à base de vin

Stand PQ 21-2 Bisness France 80X120.jpg