top of page

私たちのワイン

vins-france-test.jpg

ボトルをクリックして詳細をご覧ください

Royal heritage

クリックして他のワインを見る

ロイヤル ヘリテージ

王様のワイン

キャサリンとイザベルは、伝統と革新を組み合わせて家族経営のエステートを運営しています。金細工やオートクチュールの作品のように、
メルロは、ポムロールの粘土と同じ層状の深い粘土に植えられています。

Tannat と Abouriou のように、貧弱でより石灰質の土壌のカベルネは、非常に貧弱で非常に石灰質の土壌にあり、成熟を得るために丘の頂上で非常に露出しています。

技術データ

  • ロイヤル ヘリテージは 3 ヘクタールのブドウ畑で生産されています。

  • ブドウの平均樹齢は40年

  • 密度は5000本/ヘクタール

  • 平均出力は 45H/H

  • これらの区画は完全に馬または機械で除草剤を使用せずに行われます。

  • 収穫は手作業で、

  • 発酵はセメントタンクで行い、

  • 発酵温度は28度にコントロール

  • 投票期間は約15日間

  • 600リットルの樽でマロラクティック発酵

  • 新樽で12ヶ月熟成

    テイスティングの特徴

    • 2 時間の酸化後、18° の温度でテイスティング。

LE PRINCE

プリンス 

ロイヤルヘリテージ

ジャン・オルリアックのエステートはワインの生産を停止したことはありませんが、2011 年にこの地域は AOC に分類されました (アペラシオン ドリジーヌ コントロールは、フランスのワインの最高格付けです。これは、ワインがブドウ園、ブドウ、醸造方法に関する厳しい要件を満たしていることを示します)。生産とアルコール度)。 2010年 5ヘクタールの樹齢5年の畑

いくつかの技術情報

ぶどう品種 樹齢5年 • メルロー40% / カベルネ・フラン40% / nat

  • 平均収量は55ヘクトス/H

  • 土地区画は機械加工されています。

    雑草を殺さずに冷静に

  • 収穫は手作業で行います

  • 醗酵はセメントタンクで

  • 発酵温度は

    制御された28°c

  • バットでの時間の長さは約15です

    日々

  • オーク樽でのマロラクティック発酵

    600リットル
    • 半樽で熟成、1 ワイン、2 ワイン

    12ヶ月間のワイン3本

    テイスティングノート

  • 色は濃いルビーまたは真紅。

  • ノーズ:ダークフルーツ、ブラックベリー、ブルー

    ベリーとプラム。

  • バニラとチョコレートのスパイシーなノート。

  • 2時間の呼吸時間の後、18℃で飲みます。

    フランス王のワインサプライヤーであったジャン・オルリアックの後継者であるカトリーヌ・オルリアックとイザベル・オルリアックは、各ボトルに一意のバブルコードと ID を与えることでワインを認証します。それらはボトルの首のシールに示されています。破損せずに取り外すことはできません。

    QRコードをスキャンして、
    当社のウェブサイト www.royal-heritage.eu にアクセスし、この一意のコードが Catherine と Isabelle Orliac によって作成されていることを確認してください。
    ワインの試飲を楽しもう!

クリックして他のワインを見る

クリックして他のワインを見る

シャトー ラバスティド オルリアック

シャトー・ラバスティード・オルリアックのブドウ樹は樹齢 3 年で、初収穫を迎えています。根がまだ完全に発達しているこれらのブドウの木
表層では、フルーティーで、若く飲むための滑らかなワインにします。ぶどう品種と醸造法は、ロイヤル ヘリテージやル プランスと同じです。

技術データ

  • シャトー・ラバスティード・オルリアックのブドウ品種: メルロー 40% カベルネ・フラン 40% タナ 20%

  • 密度は 5000 フィート /H

  • 平均出力は55H/H

  • 区画は除草剤なしで機械的に処理されます

  • 収穫は手作業

  • 発酵はセメントタンクで行われます

  • 発酵温度は28度にコントロール

  • 約15日間のバッティング期間

  • タンク内マロアクティック発酵

  • 2年後に瓶詰め。

    テイスティングの特徴

    • 深紅色の試飲
    • 赤と黒の果実、スグリ、カシス、プルーンの香り
    • しなやかで控えめなタンニン
    •白身または赤身の肉の酸化後、18°でテイスティング

Chateau Labastide Orliac
2 soeurs

アキテーヌの 2 人の姉妹

このワインは、北向きの丘の中腹に植えられた若いブドウの木から作られています。これは、日光をより適切に制御し、醸造中にアルコール度数が高くなりすぎないようにするためです。

技術データ

• ブドウ品種: 50% メルロー • 35% カベルネ フラン • 15% タナ • 植栽密度: 4000 本 / ヘクタール
• 収量: 1 ヘクタールあたり 55 ヘクトリットル
•ブドウの木は除草剤なしで機械的に働きました

• 機械収穫
• セメントタンクでの発酵
• 2014年10月に瓶詰め

 

テイスティングの特徴

•美しい赤紫色
• ノーズでは、少しスパイシーな赤い果実のブーケ
• 口に含むと、このワインは非常にバランスが取れており、まろやかでしなやかです。南西部の典型的なタンニンに固有の品質が特徴で、印象的すぎることなく十分に存在します。
• 18°C で白身または赤身の肉、南西料理、またはより適切にスパイシーな料理と一緒に楽しむ。漆塗りの鴨肉やリブステーキに砂糖漬けのタマネギを添えて食べるのが理想的です。

歴史の秘密

このワインは、北向きの丘の中腹に植えられた若いブドウの木から作られています。これは、日光をより適切に制御し、醸造中にアルコール度数が高くなりすぎないようにするためです。

技術データ

• ブドウ品種: 50% メルロー • 35% カベルネ フラン • 15% タナ • 植栽密度: 4000 本 / ヘクタール
• 収量: 1 ヘクタールあたり 55 ヘクトリットル
•ブドウの木は除草剤なしで機械的に働きました

• 機械収穫
• セメントタンクでの発酵
• 2014年10月に瓶詰め

 

テイスティングの特徴

•美しい赤紫色
• ノーズでは、少しスパイシーな赤い果実のブーケ
• 口に含むと、このワインは非常にバランスが取れており、まろやかでしなやかです。南西部の典型的なタンニンに固有の品質が特徴で、印象的すぎることなく十分に存在します。
• 18°C で白身または赤身の肉、南西料理、またはより適切にスパイシーな料理と一緒に楽しむ。漆塗りの鴨肉やリブステーキに砂糖漬けのタマネギを添えて食べるのが理想的です。

  • Gazouillement
  • Labastide.Orliac
bottom of page